出産レポ3

病院に着いて、モニターで陣痛の間隔と強

さを見るも、確かに陣痛は来てるけどまだ弱いから、もしかしたら遠のいてしまうかも?
子宮口もまだ開いてないし、お産になるか分からないので一度帰った方がいいかもしれません、と言われてしまいましたしょぼん

が、しかし、私は身体が小さく、産科の先生からは予定日近くなっても産まれる気配なかったら、赤ちゃんが大きくなり過ぎないうちに入院して、誘発かけた方がいいかも?
と言われていたので、その事を話すと、それならばこのまま入院でいいですよかお
となったので、いざ入院病院
長~い長~いお産の始まりになりました

入院して少しすると、誘発かけるまでもなく、どんどん強くなる陣痛ドクロ

この世の痛みとは思えない痛みとか。
腰が砕けそうとか。
その先に死がみえたドクロとか。

色々聞いていた話、まさしくその通りだ
余りの痛みで急遽和痛分娩の麻酔をお願い
でも、暫くは痛みが軽くなるものの、1時間もすると効果はかんじられなくなる。
地獄の様な痛みを深呼吸と旦那さんのマッサージと、これが終われば赤ちゃんに会えるんだから!!という想いで何とか耐える

陣痛開始から15時間ほどたった16時頃、子宮口もほぼ全開で分娩室へ。
ここまでくればあと少し。
と、思いきや。。。
なんと、その後3時間粘っても赤ちゃんが下がって来ない。。

和痛の麻酔も切られ、その上人工破水、誘発剤と色々試みるも状態変わらず、で恥骨辺りで引っかかっておりて来られない可能性がある、との事で緊急帝王切開に

そして、そのまま分娩台の上で血圧測ったりレントゲン撮ったり血液取ったりエコーやったりと散々弄られた後、手術開始叫び
ようやく我が子の泣き声を聞く事が出来ました。。

も~~~~長かった
いや、もっともっと長く大変な人は沢山いる事は分かっているけど、陣痛に始まり和痛麻酔、普通分娩、人工破水、誘発、帝王切開とフルコースな感じだったので、余計長く感じましたしょぼん
そして、出て来てから言われたのは、首にへその緒が二重に巻きついていたと。。
道理で降りて来ない訳だ。。

と、こんな感じで、自分の話の筈がほとんど出産の話になってしまいましたが(笑)
そんな息子は現在6ヶ月、元気にすくすく育っていますラブラブ
育ち過ぎてますラブラブ(笑)

大変なお産だったけど、我が子は可愛くてたまりませんラブラブ
こんな感じに生まれて来た息子は、きっとこのブログの主役になる存在だと思いますので、以後お見知り置きを


広告を非表示にする